バイアグラが誕生した日をご存じですか

驚くべき薬



バイアグラが誕生した日をご存じですか?この薬は1998年にアメリカある製薬会社で開発され、FDAの承認を受けて販売を開始しました。薬の成分であるsildenafil(シルデナフィル)は男性の勃起不全を治療します。同じ薬の商標で、日本でもその翌年に日本の厚生労働省が承認し、2ヶ月後から市販を開始しました。

特異なのは薬の臨床試験をアメリカのFDAのデータのみで審査したため、審査から販売まで異例の早さ承認されました。その理由としてはアメリカのデータを信頼することができたということと、また、その当時にバイアグラは革命的な医薬品として発売されたので、バイアグラの発売は世界的そして社会的に大きな波紋とニュースとなりました。そのため、バイアグラにかける男性や女性みんなの期待が大きかったというのも理由でしょう。

ところがこの驚くべき薬は、実は日の目を見ないままになるところだったのです。なぜなら、本来はニトログリセリンに代わる狭心症を治療するための薬として研究が進められ、薬の作用機序がnitroglycerin(ニトログリセリン)などの硝酸塩系薬剤と同じだったということが発見されました。そして、その副作用として勃起が起こるという現象が観察されたのが始まりとなり、本格的に本来の治療目的とは外れた勃起不全を治療するための薬として開発されることになったのです。

もう少し説明すると、狭心症を治療するために体内に血流が拡張されるのを阻害する酵素の活性を、この薬が妨害して血管を拡張させてしまいます。こうなると、血液が流れる量が増加するため血圧を結果的に下げるということです。

しかし、勃起不全を引き起こす体内の作用も血流を阻害していた酵素にあったので、その活性を抑制する作用が狭心症を治療するための薬のメカニズムと似ています。このような作用により勃起を治療する薬として新たに開発され、バイアグラという名前で誕生しました。

バイアグラを服用すると男性の陰茎の周りの血管が拡張し、性的刺激が起こると勃起効果が5時間程度持続します。服用後、約30分後から効果が現れます。しかし精力を蓄積させる、すなわち、スタミナを上げる効果はありません。薬の効果が終わる頃には成分が体内で完全に消滅するので、再び勃起効果を得るためには再度薬を飲む必要があるのですが、薬の服用は24時間の間隔を維持する必要があります。食事が薬の効果に影響を及ぼすことがあるので、なるべく空腹時に服用してください。

  最新情報:
ホーム